images1

記事

症例 30: 女性、12歳

Xrays before and after 30 JP3ヵ月の脊柱側弯症治療を終えた12歳の少女は素晴らしい結果が出ました。治療中彼女はScolioAlign 3D装具ブレースを装着し、週2回クリニックにお越しになりました。 治療後のX線写真は、曲率が45度から29度に改善しているのを示しています。

両親は、毎回の診察で外科医から手術を勧められることから、外科に戻らないという決定を下しました。 これは両親の個人的な決定だったので、私はこれに対して助言しませんでしたが、通常、患者は手術をしないことを選択しても病院での診察を続行することをお勧めします。なぜなら、外科的治療法以外の治療法で脊柱側弯症を改善する方法があるということをより多くの人に知って頂く為にです。