images1
qsssss

脊椎分離症と脊椎すべり症

Bone-Spur_04

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください:

脊椎分離症と脊椎すべり症

脊柱の骨は脊柱を安定させるように配列されています。 腰椎(背中下部)の支持基盤の損傷や欠陥は背中の痛みの原因となります。骨リングのひびは脊椎分離症と呼ばれます。骨リングの両側でひびが起こると、脊柱は前に傾き、脊椎すべり症と呼ばれる状態になります。人口の約5、6%がこの2つの症状に影響を受けています。

immmmmm


原因

脊椎分離症は脊柱の脊椎の骨リングの傷として説明されます。腰椎椎骨の一番低い部分に悪影響を与えています。骨リングは椎弓根とラミアーで構成され脊柱と脊柱神経を守ります。その骨は椎弓根と骨の層の間が一番弱く、その場所は椎間関節部あるいは略して、関節部と呼ばれます。関節部の怪我は疲労骨折と考えられています。疲労骨折は繰り返される骨の上での肉離れからおきると考えられています。傷の最初の段階では、皆さんの体は傷を治す力があります。もし、肉離れが身体が反応するより早く起こるなら、骨は徐々に砕けます。脊椎分離症は生れながらあるものではありません。少年時代にその最初の症状が現れるのです。アメフトのラインマンや体操選手が一番良くかかります。

脊椎分離症は下方の椎骨が前へ滑る状態を指します。これは通常、椎骨が骨リングの両側で骨障害(脊柱分離症)になるとき起こります。骨リングの両側のひびは脊柱の後ろから椎間関節を分離します。椎間関節は椎骨をもはや安定させません。上部の椎骨は前方へ滑りはじめ、ゆっくりと損傷した椎骨の下へ椎間板を伸ばします。大人なら、椎骨が下方へ滑り落ちる危険はありません。しかし、十代では、変わったタイプの脊柱すべり症を持つこともあり、椎骨が前方へ傾き、椎骨の下方へ完全に滑り落ちてしまいます。


症状

spondyim

脊椎分離症と脊椎すべり症は両方が背中下部の痛みの原因となります。しかし、この症状のどちらがあっても背中に何か問題があるということではありません。その症状がない人に比べると高い危険があることは確かです。この症状は急性腰痛、すなわち脊柱の動く部分からくる痛みです。それらは背中下部で神経への圧力からの痛みである圧迫痛をもたらします。

圧迫されるか、刺激された神経は圧縮症状を引き起こします。細胞組織の塊がひびの周りで形成される時にこれは脊椎分離症で起こります。これは疲労骨折を治そうとする身体の機能の一つです。この塊は脊柱管を離れる時に、脊柱神経への圧力を引き起こします。脊椎分離症と脊椎すべり症は両方が背中下部の痛みの原因となります。しかし、この症状のどちらがあっても背中に何か問題があるということではありません。その症状がない人に比べると高い危険があることは確かです。この症状は急性腰痛、すなわち脊柱の動く部分からくる痛みです。それらは背中下部で神経への圧力からの痛みである圧迫痛をもたらします。圧迫されるか、刺激された神経は圧縮症状を引き起こします。細胞組織の塊がひびの周りで形成される時にこれは脊椎分離症で起こります。これは疲労骨折を治そうとする身体の機能の一つです。この塊は脊柱管を離れる時に、脊柱神経への圧力を引き起こします。圧迫神経(神経根症と呼ばれる)は椎骨が前へ滑り、神経に圧力をかける時に、脊椎すべり症におこります。椎骨の前方への滑りは脊柱管を小さくし、神経根のスペースを小さくします。神経への圧力は痛みをもたらし、足の下まで広がります。また、足にしびれを神経により供給される筋肉に脱力感をもたらします。