images1

記事

子供の側湾症についての8つの誤解

側湾症と聞くと、多くの場合、身体的な問題がたくさんあるひどい変形を想像されます。しかし、そのようなことはほとんどありません。側湾症は背骨の異常なのですが、人々が思っているような怖いものではありません。

実際には、子供の側湾症の多くの場合、治療の必要はなく、むしろ、背骨の湾曲が時間とともに変化していくのを観察することになります。側湾症は、背骨が異常な左右のカーブを描きながら成長することで起こり、一般的に10~15歳の子供で診断されることが多いです。

側湾症は誤解されることが多いため、よくある誤解を解きたいと思います。

子供の側湾症についての8つの誤解。

誤解1:側湾症は珍しい。
側湾症の頻度はかなり高いです。およそ2%の子供がこの病気と診断されます。ほとんどの脊椎のカーブは小さく、問題はありません。稀なのは、重度の側湾症です。小さいカーブは、男の子と女の子の間で等しく起こる傾向があります。カーブが大きくなればなるほど、発生率の高さは女の子に起こります。

誤解2:側湾症はいつも痛みが伴います。
これは真実ではありません。側湾症の子供の大半は痛みを感じません。むしろ、痛みを感じない側湾症の方が一般的です。つまり、背骨のカーブがどこで起こるかも重要なのです。背中の下部にカーブがある子供は、背中の上部にカーブがある子供よりも痛みがある傾向があります.

誤解3:すべての側湾症は手術が必要です。
側湾症の子供の大多数は、手術ではなく、観察が必要です。側湾症の子供のうち、手術が必要になるのは10%未満で、それは、湾曲の重症度によって決まります。中程度のカーブの場合、装具や治療が必要になるかもしれません。

誤解4:ブレースでカーブを直す。
ブレーシングは、中程度のカーブで、成長がかなり残っている子供に適しています。ブレーシングは、カーブを良くするのではなく、カーブが悪くなるのを防ぎます。決められた時間に適切に装着することで、ブレーシングの効果は80%に達します。最終的なゴールは、将来的に手術が必要になるのを防ぐことです。

誤解5:側湾症の子供はスポーツができません。
もう一つのよくある誤解は、側湾症の子供たちは、ブレースをつけている子供たちも含めて、スポーツができないと思われています。それは事実ではなく、私たちは、子供たちが活発に活動し続けることを推奨しています。手術後でも、ほとんど制限するようなことはありません。背中の矯正器具をつけた子どもたちは、通常1日18時間装着しなければなりませんが、その時間を好きなように区切ることができます。例えば、好きなスポーツや運動のために装具を外すこともできます。

誤解6:側湾症は出生時に形成されます。
側湾症は生まれたときから形成されることもありますが、最も一般的なのは思春期になる場合です。先天性側湾症は、赤ちゃんが生まれながらにして持っている側湾症で、早期発症の一種と言えます。私たちが治療する子供の約75%は、カーブができるのが10歳以上です。これは、思春期特発性側湾症と呼ばれています。

誤解7:側湾症の原因はわかっています。
側湾症がどうして発症するのかは分かっていません。ほとんどのカーブは青年期ごろに発症する傾向があります。私たちは、遺伝的な要因があると考えていますが、そればかりではありませんし、お母さんの青い目を受け継ぐような単純なものでもありません。側湾症の子供の約65%には家族歴があります。

誤解8:発見するのが難しい。
素人目には、子供が側湾症であるかどうか、特に軽度の場合は見分けがつかないかもしれません。ところが、よく練られた検診プログラムでは、簡単に発見することができます。非対称性は、子供が前かがみになって背中を水平にしたときに見ることができます。小児科医やカイロプラクターは、一般的に、毎年の検診で側湾症の有無を確認します。

お子様が側湾症の可能性があると思われる場合、またはスコリオライフ – 側湾症および脊椎矯正クリニックについてもっと知りたい場合は、電話 +6581884536 や電子メール clinic@scoliolife.com でお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *