images1

記事

フランスからシンガポールへ:レナさんの脊柱側湾症との旅

2023年11月9日、シンガポール –側弯症治療の第一人者、Dr. Kevin Lauは、ScolioLifeクリニックにて世界各国から来院する患者たちの励みに満ちた成功体験を、喜びをもって伝えています。多くの患者が、Dr. Lauの全面的かつカスタマイズされた治療法により、側弯症の状態を顕著に改善しています。


レナ・ギュンターさん、Scolioalign™ 3Dブレースとともに

フランス出身でS字型脊柱側弯症に長年立ち向かってきた患者、レナ・ギュンターさん。彼女は母国フランスとドイツで治療を試みましたが、望むような結果は得られませんでした。しかし2019年、Dr. Kevin Lauの脊柱側弯症に関する革新的な著書を通じて彼の研究を知ったレナさんの家族は、彼に連絡を取りました。レントゲンを検討したDr. Lauは、彼女に希望と前進への明確な道を提示しました。この緊急な状況に対応して、レナさんと家族は迅速な治療を求め、シンガポールのScolioLifeクリニックで2週間の集中治療プログラムに参加しました。その結果は、全ての期待を上回り、家族全員が2022年にシンガポールへ移住するという、人生を変える決断をしました。彼らはDr. Lauの専門的なケアのもと、脊柱側弯症の治療を続けています。

フランスとドイツの従来の脊柱側彎症治療法と、ScolioLifeクリニックでのDr. Lauのアプローチには、一目瞭然の違いがあります。ヨーロッパでは、脊柱側彎症は主に外科手術で対処され、多くの場合ブレース装着に引き続き、手術が行われます。痛みの管理には通常薬物が用いられますが、患者の精神的・感情的な健康はしばしば見落とされがちです。レナさんは、ScolioLifeクリニックでのアプローチで劇的な変化を体験しました。このクリニックでは、独自のブレース、個別の栄養指導、自宅での運動、週一のクリニックセッション、そして精神的な健康にも焦点を当てた包括的な治療計画が提供されています。


レナさんの脊柱側彎症治療のビフォア・アフター

レナさんが特に効果的だと感じたのは、Dr. Lauの脊柱側彎症に対するホリスティックなアプローチです。これは身体的側面だけでなく、栄養と精神的な健康にも配慮するものでした。治療を通じて受けた継続的な励ましが、彼女の進歩を大いに促しました。特筆すべきは、Dr. Lauの治療を受けて以来、レナさんの痛みが大幅に減少し、普段の生活を取り戻すことができた点です。

クリニックにおける脊柱側彎症治療の道のりは、変化に満ちたものでしたが、挑戦も伴っていました。レナさんは、新たな食事療法への適応が一つの大きな壁だったと振り返っています。彼女の家族は全員で新しい食生活に移行し、これはフランスで特に複雑な課題でした。それでも、レナさんの兄が足の骨折から回復する際にこの食生活がもたらした良い影響は明らかでした。

レナさんの事例から、Dr. Kevin Lauとそのチームによるこの革新的なアプローチの影響が、シンガポール国内だけに留まらず、国際的な範囲に広がっていることが明らかになります。ScolioLifeクリニックのDr. Kevin Lauと彼の専門チームは、脊柱側彎症治療の最先端に立ち、患者一人ひとりに合わせた包括的な治療方法を提供し続けています。

詳しい情報については、6635 2550までお問い合わせいただくか、公式ウェブサイトwww.scoliolife.comをご覧ください。